山村乳業ができるまで 山村乳業ができるまで

山村牛乳

おいしさの秘密は『パスチャライズ殺菌』

おいしさの秘密は
『パスチャライズ殺菌』

山村乳業の特徴は、なんといっても殺菌方法にあります。
パスチャライズ殺菌は、たとえて言うなら『お米を鉄釜て炊くかアルミ鍋で炊くか』の違いといえます。鉄釜でゆっくり炊いたお米がおいしいように、牛乳も85℃で15分間ゆっくりとかき混ぜながら殺菌すると、本来のおいしさが保て、かつコク深い味わいになります。
ほとんどのメーカーが効率優先の120℃〜150℃で数秒という短時間殺菌を採用する中、牛乳本来の味と豊富な栄養分を大切に守るための山村乳業の選択です。

洗浄化・均質化

1.清浄・均質化

酪農家から届いた生乳はすぐに清浄・均質化されます。
均質化によって成分が細分化し消化吸収されやすくなります。

殺菌中

2.殺菌タンク充填

清浄・均質化された生乳は清潔なパイプを通って、
殺菌タンクへ入ります。

殺菌中

3.パスチャライズ殺菌

山村乳業の一番のこだわりであるパスチャライズ殺菌。
ゆっくりとかき混ぜながら、85℃で15分間殺菌します。

充填・包装

4.瓶洗浄

使用する瓶は丁寧に洗浄、確認し繰り返し使用します。
創業以来サステナブルな形を継続しています。

充填・包装

5.充填・包装

殺菌した牛乳はすぐに冷やされ、
空気にふれないよう冷却パイプを通って瓶に入ります。

製品検査

6.製品検査

製品の安全・品質を確認します。
検査基準を満たした製品のみが出荷されます。

出荷

7.出荷

宅配のお客様や直営店舗、スーパー・百貨店など、
素早く皆様のもとへお届けします。

山村乳業のこだわり 山村乳業のこだわり

山村乳業のこだわり1 山村乳業のこだわり2

職人による技

山村乳業の製品は昔ながらの製法で作られています。
オートメーション化された機械は少なく、牛乳の製造と真剣に向き合う職人の技により、日々製造されています。
手間と時間はかかりますが、繊細な味わいを追求するからこそのこだわりです。

牛乳から他の商品へ

山村乳業の製品は山村牛乳を元に作られています。おいしさにこだわった牛乳の味が全ての製品に生きています。

山村乳業の製品一覧

洗浄について

洗浄について

製造工場においては、清掃は1日3時間以上かけて徹底して行います。そして、パイプラインは原乳ラインと生産ラインを完全に分離する仕様を採用しております。これは、作業に手間はかかりますが衛生のためには一番安心な方法なのです。
それぞれのパイプラインは90℃以上のスチームで毎日念入りに殺菌されます。
山村乳業は信頼が一番と考えます。
安全とおいしさのために、手間と時間を惜しみません。